切り取られたチーズ

オリーブオイル漬け

イタリアンの料理の一つでオリーブオイル漬けと言うのがありますが、これは簡単に家庭でも作る事ができます。
家庭で作るために用意するものはオリーブオイルとニンニクや唐辛子、それにチーズなどの漬け込みたい食材だけですから、スーパーでもそろえる事が可能です。
そのためちょっとしたおつまみとしても使えて、作っておくととても便利です。
イタリアン風を演出おつまみとして急な来客に出すことも出来ますし、おかずが足りないなと言う時にはイタリアン風のおつまみとしてもう一品すぐに出す事も出来るのです。
作り方は簡単で、オリーブオイルに素材を入れるだけです。

例えばチーズのオリーブオイル漬けですが、これはオリーブオイルにスーパーで売ってるようなプロセスチーズをサイコロ状に切って漬けるだけで出来上がります。
チーズと一緒にニンニクや唐辛子を入れると風味が増しますから好みによって入れてみると良いでしょう。

また魚介類なども漬け込む事ができます。
例えばカキなどはそのままですと日持ちがしないですが、正しくオリーブオイル漬けを作ると数週間日持ちがするようになるので保存食としても使うことができるのです。
美味しいだけではなく、おつまみとしてクイック料理に使えたり、また保存食になったりととても便利です。

イタリアン風の味付けを簡単に作ることができるので、お客様が来たときにちょっと出すと料理上手に見られたりTと得する事もありますから、機会があれば作ってみると良いですね。

チーズとトマトのサラダ

家庭でのイタリアン

限られた材料と時間を有効利用することが求められる日々の食卓において、レストランなどで味わうことのできるイタリアン料理のテイストを再現するためには、根底をなす食材を多く取り入れることがポイントとなります。
イタリアン料理には日本ではなじみのない食材が使われていることがありますが、そのほとんどの食材は日本において同じような風味・食感・効用を持つ代替食材を手に入れることができます。
しかし、ほかの地域料理とイタリアン料理との差異を生む食品が何種類か存在しており、これらの食材を上手に取り入れることによって、既存の日本料理をイタリアン風にアレンジすることも可能となります。

代表的な食品として、トマト・バジル・オリーブオイル・各種チーズなどが挙げられます。
この中でオリーブオイルは近年その健康作用が注目され、多種多様なオリーブオイルを容易に入手することができます。
チーズは使用される種類が多様なこともあり、既存のプロセスチーズのみでは完全な風味の再現に至らないこともあります。

高級食材や輸入品を取り扱う店舗によって以前より入手は容易になりましたが、クオリティの高いイタリアンテイストを実現する際に、チーズの使用には工夫を加えることが推奨されています。
オリーブオイルで食材を煮込んだアヒージョやチーズをソースに使用するカルボナーラなどは、調理法が比較的容易であり、家庭で手軽にイタリアンテイストを再現する要因の一つとなります。

アーカイブ
カテゴリー